無条件の愛

  • 2017年8月28日

    これは私の講習会のノートの
    端に書いてあった走り書きです。

    本からなのか
    誰かからの話なのか・・・
    全く覚えていませんが(-_-;)

    よい内容なので

    愛とは他者にすべての空間と
    すべての自由を与えること

    愛とは他者がやりたいと
    思っていることを尊重し
    受け入れること

    愛とは他者の願望や意見が
    例えあなたがそれらに同意しなくても

    あるいは、それらを理解しなくても
    尊重し受けれること

    愛はとまた一切の期待をせず与え導くこと

    他者の行動を分析し判断し
    期待しコントロールすることは

    「所有」

    人間は他人の考え方を強制的に変えさせると
    自分の気分が悪くなるように創られている

    地上に存在するものはすべて成長し
    進化するためにそれ自身「空間を」必要とする

    読んで「おおっ!」と
    心当たりがある方もいるかと思います。

    ついつい
    家族や大切な人に対しては
    「期待」をしてしまいます。

    「期待」と「信頼・信じる」ことは
    違いますよね!

    特に子育てをしている場合
    親が子供を「所有」「依存」して
    コントロール
    してしまう場合が多々あります。

    自分が本当の意味で無条件の愛を受けながら
    成長していないと

    無条件の愛を他者におくることは
    難しいです。

    無条件の愛を
    体験していないので
    理解できないし、行動できません。

    その辺りの家族・親子問題が
    インナーチャイルドや
    アダルトチルドレンなどと
    関連しています。

    私が育った環境も条件付きの愛でした

    そのために
    私は
    無条件の愛を理解できませんでしたが

    私が
    無条件の愛を、学んだのは

    「五右衛門桜子」からでした。

    犬ですが・・・

    いや・・・

    犬だからこそ学べたことかも
    しれません(*´▽`*)

    たくさんの無条件の愛を
    五右衛門と桜子から
    いただきました~♪

    そして

    私も
    五右衛門と桜子には

    感謝も見返りも
    何もいらない!!!

    (そもそも犬ですから
    そんなことはできないので笑)

    ただただ、健康で楽しく
    自由に生き生きと
    長生きしてほしい

    それだけです(*^▽^*)

    桜子は生まれつき
    脳の難病で一般的な
    犬よりも手がかかると思いますが、

    それでも毎朝、桜子が生きていると
    涙がでるような
    本当に幸せな気持ちになります(^^♪

    だんだん年をとり
    トイレができなくなったり
    足に麻痺がでたり
    いろいろ汚してしまったり

    そんな状況なので
    部屋もすべて犬たちが
    生活しやすいようにアレンジしてあります。

    大きな犬部屋です(笑)

    犬屋敷と呼ばれています(笑)

    そこへ人間がすんでいるという(笑)

    でも、それが私の幸せです。

    五右衛門&桜子

    たくさんの
    無条件の愛を私にありがとう(*´▽`*)

    そして私からも無条件の愛を(^^♪

    これからも
    ずっと(^^♪