フラワーレメディについて

  • 2017年6月9日

    今回は東日本大震災のときの情報を皆さんと

    シェアしたいと思います。

     

    *放射能に対するイギリスのバッチセンターの見解

    バッチフラワーは基本的には、

    感情に対して選びますので、

    このような状況に、この不安に対して

    ミムラスやロックローズ、

    プロテクトにウォルナット、

    浄化にクラブアップル、

    ショックにスターオブベツレヘム。

     

    また全体的に強いストレスに対して

    リカバリープラスや、

    エマージェンシースプレーも、

    既に不安や恐れに対応する

    レメディがカバーされていることもあり、

    非常に役に立つと思います。

    リカバリークリームも、

    何かストレスを感じる箇所に塗ると良いでしょう。

    その他、ご本人の感情に合わせて

    必要なものを選ぶことをお勧めいたします。

    下記の文章は、フレグランス・ジャーナル社から出ている

    「アロマテラピー事典」の放射線の項の抜粋です。

     

    イギリスのウェストレーク博士(Dr. Aubrey Thomas Westlake)が、

    Radiation Remedy(放射線対策レメディ)として

    1980年代に考えたブレンドです。

    ***************************
    次に挙げる処方は、実際にはアロマテラピーではなく、

    バッチフラワーレメディに組み込まれているものですが、

    私はこれをこの本に収載する価値が十分にあると思います。

    それは、これが放射線治療を受けた

    ガン患者に生じる副作用を阻止するために利用できるためです。

     

    • 100ミリリットルの蒸留水に、

    3.5グラムの海塩をまぜます。

    10ミリリットル入りのトリートメントボトルに

    *チェリープラム・ゲンチアナ・ロックローズ

    スターオブベツレヘム・バイン・ウォルナット

    ワイルドオート
       
    各2滴ずつを入れ、海塩を入れた溶液を瓶の口まで満たす。

    これを1回に2滴ずつ、1日に3~4回飲用するか、

    浴場に10滴~15滴加えて
    沐浴するかします。

    エックス線、コバルト照射治療や

    そのほかの放射線療法といった放射線源に

    体を曝露した人々、

    原子力発電所や核燃料処理工場で

    漏れた放射能に汚染された人々は

    この治療を2週間行うことです。

     

    カラーテレビやマイクロ波やディスプレー装置などの

    低レベルの放射線を出す事務機器や家庭用設備を

    定期的に使っている人々も、

    毎週1~2回、沐浴でこの処方を用いるといいでしょう。

    ****************************

    原爆のすぐ近くの病院の院長だった人の体験談本より

      

    被害者には水は禁物。塩分を摂らせること。

    砂糖も禁物。

    砂糖は血液をつくる機能を著しく低下させるため。
       味噌、玄米、塩、漬物、海藻、酢の物がよいそうです。
       被爆者の手当てをした職員に沢山の塩分、

    玄米に塩や味噌を入れて食べたり、

    濃いめの味噌汁をたべるように指示して

    誰も被爆症状が出なかったとのこと。

    砂糖は禁止したそうです。