リフレーミング(NLP・カウンセリング)

  • 2017年6月5日

    前回に引き続き「リフレーミング」についてです。

    6月2日の「リフレーミング」の
    ブログをまだ読んでいない方は
    そちらから先に読んでくださいね。

    今日は2つのリフレーミングについて

    ①状況のリフレーミングとは・・・

    ・ある行動に対して、それがメリットとして活かされる
    別の環境や状況を見つけること
    ・役に立つ別の状況を見つけ出すこと
    ・全ての行動にはその価値を生かせる状況がある
    ・ある状況では役に立たないような不適切な行動であっても
    別の状況では役に立つ。適切なこともある
    ・どのような時に、この行動は役に立つのか?という視点で考える

    例:
    せっかちです⇒何事も早め早めに行動できる
    人を待たせない時間厳守の人

    おしゃべりです⇒無口な人と話すときや初対面の人と話すときに
            困りませんね

    飲みすぎてしまう⇒接待では大活躍ですね

    頑固なんです⇒交渉では役立ちますね・心強い味方ですね
    細かい性格です⇒営業よりも経理部で活躍できますね

    ②内容のリフレーミングとは・・・

    ・ある行動に対して状況は変えずに、別に意味を持たせること
    内容や意味を変えること
    ・他にどのような意味があるかという視点で考えること
    ・事態や状況は同じでも本人の状況への見方が変わる

    例:
    子供がすぐ服を汚すのです⇒元気で成長が楽しみですね

    忙しいです⇒人生充実していますね

    優柔不断です⇒慎重なのですね

    頑固です⇒意志が強いですね

    計画性がないです⇒柔軟性がありますね・変化に強いですね

    自分や人の嫌なところもにも別の意味があります!

    例えば:

    「独断で仕事をどんどん進めてしまう勝手な上司」
    を・・・・

    状況のリフレーミング⇒緊急事態には頼れる存在
    内容のリフレーミング⇒情熱的に仕事に取り組んでいる・決断が早い
    リーダーシップがある

    人や自分に対しても
    直そうとするのではなく、リフレーミングして
    それを受け入れてみましょう。

    人との関わりにおいて、ストレスが軽減するでしょう

    シェイクスピアの言葉で
    「良いも悪いも本人の考え方しだい」という言葉があります。

    考え方・受け取り方次第で
    人生は良くも悪くもなる・・ということでしょう。

    有名な例え話で

    「コップに水が半分入っている」ときに
    人により正反対の意味付けをします。

    「半分しか入っていない」
    「半分も入っている」

    コップの水の量に変わりはありません。

    あなたはどちらの意味付けを
    これからの人生で選択してゆきますか?

    リフレーミングは一つの事柄を
    様々な角度から考えるために
    思考の柔軟さが求められますね。
    思考が柔軟になると、人生の選択の幅が広がります。