スーパービジョン

  • 2017年4月11日

     

    ☆スーパービジョンとは

     

    「受ける側の理解と能力を高め、よりよいワークをクライアントに提供できることを助ける」こととして、一対一の緊密な関係で行われる心理療法やヒーリングなどの世界では必要不可欠なプロとしての品質管理だとされています。

    リーブスインスティテュートでは、プロとして活躍するセラピストが、よいスキルと経験をつんだ他セラピストや指導者から定期的に受けるスーパービジョンを大切に考えています。

    カウンセラー等のセラピストを義務づけ、スーパービジョンを受講しないセラピストはその資格が失効することもあります。

    これは、セラピストとクライアントの関係の中だけでなく、そのセラピストが行うワークを客観的に見極め向上させ、問題をはらんでいればそれを指摘するなどを行うことによって、無意識にクライアントを害してしまうことを防ぐためにプロとして重要な責任だと考えられているからです。また、スーパービジョンはもともとのトレーニング以上の学びをセラピストに与え、セラピストの独自性をさらに高め確信に満ちたワークを提供できるプロと育てるために必須なプロ用のトレーニングの一環でもあります。

     

    スーパービジョンの目的  

    *プロとしてのスキルを高める
    *セラピストの個人問題が、仕事に影響しないように対処する
    *セラピストのワークが、クライアントに有益・適切なものであるかを確認する

     

    ~リーブスインスティテュート スーパービジョンより転載~

     

     

    料金  

    20分  10,000円

    30分  15,000円