幸福(自己肯定感があるまま)に結果を出すには?

  • 2017年8月24日

    遅刻をした場合の思考の例

    ①「別にちょっとくらい遅刻してもいいじゃない。
    死ぬわけじゃないし、
    いちいち細かいことは気にしないよ!」

    素直でない人・屁理屈的な人・自分勝手な人
    現実をみないために
    なかなか結果出せない

     

    ②「あぁ~、遅刻してしまった。
    私はなんてルーズでダメな人間なんだ・・・。
    これで相手からも嫌われてしまう。
    もしかしたら責められてしまうかも・・・
    あぁ~!!なんてことをしてしまったんだ。」

    強い自己否定・過去をくよくよするタイプ
    物事をネガティブに考えが
    ありもしない悪い妄想してしまう癖がある人
    再発防止の対策がないので結果はだせません。

     

    ③「あぁ~遅刻しちゃった。
    でも、まっいっか!誰でも遅刻するし、いちいち気にしない。
    遅れても会えたし、はい!前向きに考えようよ!
    これは忘れてすぐに次の行動にいきま~す。」

    強い自己肯定感の楽観思考。ある意味自己中心的。
    再発防止の対策がないので結果が出せない

     

    ⑤「遅刻してしまった・・・
    なんで自分はダメな人間なんだ!
    時間も守れないなんて最低だ!
    次からは目覚ましを2つ用意して
    家族にも時間を伝えて起きてこなかったら起こしてもらおう!」

    強い自己否定
    でも再発防止の対策をとったのでよい結果は出せる

     

    ⑥「あぁ~、遅刻してしまった。
    遅刻はよくないな!
    よし!つぎからは遅刻しないように対策を取ろう!
    目覚ましを2つ用意して
    家族にも時間を伝えて起きてこなかったら起こしてもらおう!」

    強い自己肯定感と問題の分離ができている状態
    行動と自分自身(人格)を切り離すことができる
    よくなかったことは自分自身ではなく
    自分の行動であるということが
    理解できている
    更に、
    再発防止の対策をとるので結果が出せる 

     

     

     

    幸福に結果をだすためには
    あなたならば⑤番か⑥番か
    どちらがいいでしょうか?

     

    自分を責めても
    自分を肯定してもタスクは同じです。

     

    皆さんの普段の行動パターンに
    あてはめてみて
    何番の自分でいることが一番
    幸福でストレスが
    かからずに
    かつ
    結果も出せるのか・・・・

     

    または、今まではできなかったけれど、
    本当はこうしたいと思うのは
    何番なのか・・・

     

    さぁ!
    人生の選択です(^^♪

     

    ご自身で選んでください(*^▽^*)