陰陽師ツアー

  • 2018年4月6日

    こんばんは^^ 
     
    焰の陰陽師 眞弥です☆ 
     
     
     
    とある土地へ行って参りました(≧∇≦) 
     
     
    ちなみに行先は行き当たりばったりではありません。 
     
     
    改善 
     
    サポート 
     
    お願い 
     
    発展 
     
    などなど、その土地に行く事は 
     
    色々と使命を帯びています。 
     
     
     
    実は陰陽師はその土地に出向き 
     
    しっかりとその土地を、その地を足で踏みしめることに 
     
    意味があるのです^^ 
     
     
     
    私はこれを「陰陽師ツアー」と呼び 
     
    私が一番好きな活動でもあります(*^▽^*) 
     
     
    陰陽師のエネルギーによって 
     
    何かの 
    サポートが出来る、役に立てる。 
     
    凄くうれしい事です^^ 
     
     
     
    でもけっこうびっくりする事もあるんですよ^^; 
     
     
    本来神様が居るべき場所のはずなのに 
     
     
     
    神様がいない!!!!! 
     
     
     
    なんて事や 
     
     
     
    神様が本来の居場所から締め出されている!!!!! 
     
    で 
     
    中に入れずうろうろしてたり 
     
     
     
     
    これには最初戸惑い 
     
    びっくりしました^^; 
     
     
     
     
    でもこんな悲しいことばかりじゃもちろんありません(笑) 
     
     
     
    虹色の朱雀にエネルギーを託されたり(*´ω`*) 
     
    白や青に輝く龍と一緒に舞ったり(*´艸`*) 
     
    ガ○ラのように大きな亀と想いを交換したり(///∇//) 
     
     
     
    こんなエネルギーの存在と触れ合う事も多いですo(^▽^)o 
     
     
      
    たまにキングギ○ラみたいなものや 
     
    大酒飲みと思われるおじさん 
     
    と出くわす事も!! 
    (もちろんおじさんは人間ではなく神様的なものです^^;) 
     
     
     
      
    なので到着するまでワクワクしっぱなしですo(^▽^)o 
     
     
     
     
    古墳や史跡に行く事もあるんですが 
     
    行ってみたらミイラが居たり( ̄□ ̄;)!! 
     
    本人の意思では無く見世物になってる訳ですからね… 
     
     
     
    どうしても 
     
    その土地の豪族、権力者同士の争いや 
     
    政略的な親族間での犠牲。 
     
    女性や子供の立場の弱さや 
     
    生存しているのに埋葬されてしまった。 
     
    などの今では考えられない命の扱われ方をしていた時代、 
     
    事実がそこにはあります。 
     
     
     
    現代の私たちでも歴史で多少はかじりますよね? 
     
     
    「へ~」「そうなんだ~」 
     
    わずか数行で素通りされてしまう過去の歴史も、念も 
     
     
     
    今も根強くその土地に残っています。 
     
     
     
     
    ブログでは詳しくお伝えする事が出来ないので 
     
    直接お会いする機会が出来た方には 
     
    色々とお話しできますが^^; 
     
     
     
     
    これからも日々精進し、力を高め 
     
    少しでもこの世界に貢献したいと思います^^ 
     
     
    小さな事、些細な事でも 
     
    何でもコツコツですね^^ 
     
     
     
    私でも出来ることがあるという事を嬉しく思い、 
     
    今を生きてます!(‐^▽^‐) 
     
     
    次回のツアーも楽しみ 
     
     
     
     
     
    写真は近くまで来たのでよってみた庭園です^ ^ 
    キレイですよね^ ^ 
     
     
     
     
     
     
     
    それではまた! 


    今後の眞弥のブログにつきましては
    アメブロをご覧ください。