フラワーレメディ

フラワーレメディとは

心と体を癒やす花の自然療法

フラワーレメディは自然を愛する英国で1936年に

イギリスの高名な外科医、細菌学者であったエドワードバッチ博士は近代医学に限界を感じ、病気とは精神や心の調和から生じると考え 野生の植物に感情(心)を癒す力がある事を発見。

1936年38種類から成る野生の植物のヒーリングパワーを最大限に活用した画期的な自然療法「バッチフラワーレメディ(花の治療薬)」を完成させました。 

釈迦は「自然界の植物には生き物の感情マイナスを癒す力をもっているものがある」と言っていました。

バッチフラワーレメディは植物のヒーリングパワーを含むエッセンス(液体)で全部で38種類あります。それぞれが特定の感情と特定の性格に合わせて作られています。 

バッチフラワーレメディを飲むことにより、花のヒーリングエネルギーが否定的な感情や精神(不安感・ショック・怒り・緊張など)に働きかけ肯定的でポジティブな感情へとゆっくりと優しく導いてくれます。

心を平和な状態に保つことは、病気の予防や美容にも有効です。
また、女性特有のホルモンのバランスの崩れなどにも有効です。

専門のカウンセラーがカウンセリング後(NLPの技法も用います)、あなたの感情に合わせ38種類から最大で7種類のバッチフラワーレメディを選び調合し、あなただけのオリジナルフラワーレメディを作ります。

1日4回4滴ずつ、食べ物、飲みものに入れるか、または直接口に垂らして飲んでください。
バッチフラワーレメディを飲むことにより 感情に変化が起こり、心が潤ってきます。

すべて天然成分でできているため、完全に無害で副作用も習慣性もない療法で、赤ちゃんからお年よりまで安心して飲むことができ、動物や植物にも利用できます。
又、他の薬や治療法とも併用することもできます。

1930年代から70年以上もの間、世界60数カ国に輸出され、カウンセラー医療関係者(医者も含む)、看護士、獣医等大勢の専門家の実績があります。

イギリス大使も推薦し、ダイアナ元皇太子妃も愛用していたことで有名です。

テレビでも紹介され、一部の芸能人の方々も愛用しています。
イギリスでは高級デパートのハロッズや有名ドラッグストアのブーツをはじめほとんどの薬局で販売されており、大変ポピュラーなものです。