アートセラピー

~楽しみながら、癒しや変容のプロセスがどんどん進む~

アートセラピーとは、カウンセリングの現場などで用いられる心理療法の一つで、創造活動の中で自由に自分を表現します。

アートセラピーの目的は、自由に何かを作り出す自己表現の中で、自分の内面と対話し、自分の本当の感情に触れてゆく、心の溜まったもやもやを吐き出し、内面的な感情を表現し(心の状態だけでなく、体の状態も表現)、アートそのものが持っているセラピー効果や、アートを通した人との交流の中で、自分を表現し、自分自身の本当の感情に触れていくことです。

「言いたいことがあるけれど、どういったらいいのかよくわからない」「無意識に思っていることがあって、何か気になってスッキリしない」とか・・・

言葉で説明できないことは多く、また言葉で説明したとしても、きちんと自分の気持ちを伝えることはとても難しいのが実際です。

自分自身が問題を把握していないことが多々あり、カウンセリングに行ったとしても、どこから問題に手を付けていいのか、どこから話していいのかわからなくなるものです。

アートセラピーは、「描き出す」という身体の動を通して潜在意識に働きかけ、「イメージ」と通して脳に働きかける、革新的なセラピーのテクニックです。

ヒーリング、カウンセリング、その他のワークと組み合わせると、壁にぶつかってしまった時でも、道を見つけることができる、とても便利なツールとして活用できます。

アートセラピーは、手や目や脳の感覚を刺激することにより、五感の活性化につながります、そのために、子供の情操教育や、高齢者の介護予防、レクリエーションなどにも取り入れられています。

~リーブスインスティテュートより一部転載~

クレヨンで画を書いたり、粘土で創作したり、とても楽しいです。

楽しみながら、癒しや変容のプロセスがどんどん進みます!

45分  15,000円

終日ヒーリング付き  20,000円