トート・タロット占い

  • 2017年4月19日

     

     

    *トート・タロットとは



    タロットカードは全部で78枚あり、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナで構成されます。「アルカナ」はラテン語で、「秘儀・秘伝・秘法」という意味があります。

    大アルカナの22枚のカードは、伝説・神話・哲学・魔術・宗教などの象徴が盛り込まれた寓意絵で、それぞれローマ数字とタイトルがついています。

    小アルカナは4つのスートに分かれ、スートとはタロットの小アルカナに描かれているマークのことで、ワンド(棒)・カップ(杯)・ソード(剣)・ディスク(円盤)と呼ばれ、現代トランプの源流と言われています。

    トート・タロットは、アレイスター・クロウリー(1875年~1947年)がデザインし、レディ・フリーダ・ハリス(1877年~1962年)によって描かれ、「トートの書」として、1944年に出版され、世界中でポピュラーなタロットの1つで、特に英語圏とドイツ語圏で人気があります。

    トート・タロットのアイディアは伝統的な中世のタロットに基づいていますが、古代の叡智を伝統的な象徴として再構成し、更に深く神秘的な要素が加わっています。

    タロウリーは自分の持つすべての魔術的な知識をこのカードに注ぎ込みました。彼は、高等教育を受け、世界中を旅していたため、博学で豊富な知識を持っていた上に、伝統的な秘儀に精通した熟練の魔術師でもあったため、トート・タロットにはカバラ・占星術・錬金術・神話・易・数秘術、ジオマンシー(土占術)などの象徴がふんだんに盛り込まれています。

    15分~  5,000円~

     

     

     

    タロットにはカウンセリング付き

    更にタロット中には①高次元のエネルギーヒーリング②日本神界からの愛のヒーリング③ゼロ磁場パワースポットエネルギー。この3種類を流しながらのタロットになります。