嫌なことは嫌だと宣言しましょう!(NLP・カウンセリング

  • 2017年5月19日

    今日も自己肯定感の上げ方についてです。

    だいたい、自己肯定感の低い方は
    人から何かを頼まれたり、要求されたときに
    嫌でも断れません。

    どんな辛いことや
    嫌なことでも
    引き受けてしまいます。

    断られて、相手から嫌われたり
    拒否されたり
    否定されたりしたら、
    それこそ一大事!
    苦しくて生きてゆけない・・・

    でも、その自己項防衛的反応が
    更に自分を追い詰めてゆきます。

    嫌なことははっきり嫌と言っていいのです!

    ただ、
    それを言うタイミングといい方・使え方がありますよね。
    そこは、大人の方はきちんと配慮してください。
    言っていいので、嫌と言ってください!と言っても
    自己肯定感が低いと行動できませんね。

    その場合は
    紙に書いて伝えてください。

    前回のポイントと同じ
    五感を使うです。

    紙に色鉛筆で(カラーセラピーにもなります)
    好きに書きなぐってください!

    例えば

    「自治会の役員なんて、やりたくないんだよ~
    人見知りだし、面倒くさいし
    休みの日はゆっくり休みたいし~
    あぁ~、ヤダヤダ!
    絶対ヤダ~!
    私はやりません!

    他に適任者がいるじゃんか~
    その人がやればいい~

    やらない!
    ヤダ!
    絶対に嫌~~~」

    こんな感じで(笑)

    そして

    「私は~さんの~という期待には応えません!」

    ときっぱり宣言してください♪

    書いた紙は、勢いよくびりびりに破って
    ↑勢いよくがポイント!

    ごみ箱にバァ~ンでこれまた勢いよく捨ててくださいね~。

    何度もこの方法試してみてください。
    簡単にできて、誰にも迷惑かけずに(笑)
    スッキリしてきますよ!